厳選&比較

ダイエットを考えているわんちゃんのドックフードは?

毎日、散歩に連れて行っても、住宅環境等で運動不足になりがちな犬は少なくありません。
肥満の犬は内臓や関節に負担がかかり、体のあちこちに影響が出てしまいます。
「最近太り気味かな?」と感じたらドックフードを見直してみましょう。

ドックフードは体形や体質に合わせて様々なものが売っています。
医師からダイエットが必要、適正体重まで戻すよう言われたら「減量用」ドッグフードを選びましょう。
パッケージに「減量用」「肥満犬用」「ライト」と表記されていることが多いです。

これらのドックフードはカロリーを抑えダイエットをするものと、高タンパク質のドックフードで筋肉を増やし代謝をあげることでダイエットを目指すものがあります。
どちらが合っているかは医師やペットショップで相談するのも良いかもしれません。

減量用の他にも体重管理用のドッグフードもあります。
体重管理用は減量用ほどではありませんが、カロリーは控えめです。
肥満と診断はされていないが、運動不足が気になる犬や、避妊去勢手術後の太りやすい時期にお勧めです。

犬の体重管理はドックフードが全てではありません。
日頃の運動も大切ですし、ご褒美のおやつも過度に与えすぎないようにしましょう。

また、犬は成長期に太ってしまうと将来的に肥満になりやすいだけでなく痩せにくい体質になってしまうそうです。
太ってしまったわんちゃんは罪がありません。
病気が原因の肥満もありますが大体は飼い主の責任です。

ダイエットをするときはわんちゃんが楽しく取り組めるよう、飼い主さんと一緒に遊びながら体を動かし、栄養バランスの取れたドッグフードを与えましょう。

トップに戻る