厳選&比較

関節炎をケアするドッグフードとは

犬の関節炎は、高齢の犬に多い疾患です。
どの犬でも起こる可能性があり、5匹に1匹という高い割合で関節炎になりやすくなります。
関節同士の骨の接合面には軟骨があり、骨同士の摩擦を保護しています。
しかし軟骨に何らかの問題が出てくると骨同士が直接摩擦するため、炎症が起こり関節の動きも鈍くなり、慢性的な痛みが続きます。

関節炎は高齢以外にも、肥満体型の犬や運動不足、怪我などで起こります。
またゴールデン・レトリーバーなども関節炎を起こしやすい犬種です。
犬の関節炎を改善したり、予防するためには、犬の体重を適正に保つ必要があります。
また関節炎の時には、出来るだけ運動をさせないようにしましょう。

ドッグフードでも犬の関節炎を改善したり、予防することが出来ますので、関節炎ケアの出来るドッグフードを活用するとよいでしょう。
関節炎を予防するには、オメガー3脂肪酸が効果的です。
エイコサペンタエン酸などのオメガー3脂肪酸には、関節の炎症や損傷を引き起こす酵素を減少させる働きがありますので、関節炎の痛みを緩和させる効果が期待出来ます。
Lーカルニチンには、筋肉組織を保ち、エネルギー代謝を適正化する働きがあります。
またグルコサミンやコンドロイチン硫酸には軟骨の健康を維持する働きがあります。
ビタミンEやビタミンC、ベーターカロテンは、抗酸化作用があるため、関節の炎症を改善させていく働きがあります。
関節炎ケア用のドッグフードには、こうした関節炎に効果があるといわれている成分がドッグフードに含まれているため、療養食として取り入れてるとよいでしょう。

製品によっては様々な栄養成分が含まれているため、購入する際にはどんな成分が含まれているかをよく確認しましょう。
犬の関節炎を治すには、獣医の指示に従い、家庭ではドッグフードで食事管理を行いながら治していくとよいでしょう。

トップに戻る