厳選&比較

ドッグフードのカロリー

ドッグフードのカロリーは、栄養を必要とする子犬用を除けば、ほとんどは100gあたり300kcalから350kcalに制限されています。
犬は体重の1%~2%程度が一食あたりの量になるので、体重10kgの犬なら100gであり、1回の食事につき300kcal~350kcalを摂取する計算になりますね。
犬にはよく食べ、よく走り回るイメージがありますが、意外にも1食あたりのカロリーは控えめなのです。

高カロリーのフードと低カロリーのフード
一般的に、カロリーが高いのは「子犬用(離乳食)」「介護用」「回復食」などで、体の成長や機能維持のため栄養価が高くなっています。
それでも栄養状態が悪いワンちゃんには、カロリーを付加するためのパウダーやふりかけ、ミルクなどを使うか、食事とは別におやつを与える方法も有効です。
逆に低カロリーのドッグフードには、「肥満犬用(ダイエット食)」「腎臓病用」などがあり、こちらは諸事情でカロリーを控えなければならないワンちゃんのための食事となります。
薄い味付けや、野菜の分量が多いもの、ビタミン・ミネラルなどの栄養素http://www.centralohiogoodshepherds.com/sandi.htmlが多く添加されているものが多く、使われている肉の種類も鶏や馬肉など脂肪分の少ないものが使われています。

愛犬に合わせたフード選びを
犬は与えるだけ食べてしまう習性があるため、代謝できるカロリー量の何倍も多く食べてしまう場合もあります。
猫と違って犬は適量を上手にコントロールしにくい性質なので、肥満になりやすく、その分しっかりと運動して体の調子を整えなければなりません。
ぜひ、ワンちゃんの体格や年齢、体質、体調に合ったフードを選び、それぞれの体重や基礎代謝量に合わせて適量を与えてあげてください。

多くのドッグフードはワンちゃんに必要な栄養素を配合していますが、足りなさそうだからといって少し多めにあげたり、フードをたくさん出しっぱなしにしておくのは控えましょう。
一日に回数を決めるか、不定期の場合は計量カップを使用して、上手にカロリーコントロールをしてあげてくださいね。
またあまりにも安いドッグフードには注意が必要です。

トップに戻る