厳選&比較

ドッグフードは年々変えるべき?

ワンちゃんによっては、毎日同じドッグフードを食べさせていると、だんだん飽きて食べなくなる可能性があります。
年齢のせいなのか、好みが変わったからなのか…。それぞれ理由は違いますが、飼い主さんとしては変えようかどうしようか、困ってしまいますね。

ドッグフードは年々違うものにするべきか
結論からいうと、犬によって食性や好みが違うので、それぞれのワンちゃんに合う食べさせ方が一番ということになります。
体調が良くない場合、食べている物から原因が分かることもありますので、基本的には同じドッグフードを与えるようにしましょう。
体調がすぐれない場合や、病気にかかってしまった際に応じたドッグフードを選ぶようにするのが好ましいといえます。

年齢によるドッグフードの変化
子犬時代には子犬用、大人になったら成犬用、さらに年をとってきたらシニア用や高齢犬用などをチョイスし、それぞれの年齢に応じて栄養素の摂れるフードにシフトしていく方法もおすすめ。
年齢によってフードを替えるメリットは、飼い主さんの目の届きにくい細かい栄養摂取のバランスが整いやすく、副食やサプリメントで補う必要がなくなることです。
犬も生きていますから、毎日同じ食事では栄養が偏って、年齢によって落ちてくるグルコサミンやミネラルなどが食事で補えなくなると、今度はサプリメントなどに頼るしかありません。
しかし年齢に合わせて作られたドッグフードなら、不足しがちな栄養も確実に補えるので便利です。

犬よっては年齢に合わせてフードを替える必要のない子もいます。あまりいろいろな具材の食べ物に興味を持たず、そのワンちゃんだけが信頼しているフードがあるならば、こちらをまず優先してあげてください。
フードを替える必要のない子はずっとそのままでも良いのですが、おやつの時間や、万が一愛用のフードが手に入らなかった時、代用品として使うフードについても開拓しておくと安心かと思います。

>

トップに戻る