厳選&比較

低アレルギーのドッグフードとは

犬は意外にも繊細な生き物。
人間と同じように、アレルギー症に悩むワンちゃんはとても多いです。
そんな犬のために、「低アレルギー」「アレルゲンフリー」にこだわったドッグフードを紹介したいと思います。

アレルギー対策用ドッグフード
犬のアレルギー症でもっとも多いものが、食べ物の原材料や具材に対するアレルギー、いわゆる「食物アレルギー」です。
食物アレルギーになってしまったら、基本的にアレルゲンとなる食材は口にすることができません。
たとえば小麦アレルギーなら、原材料に小麦が含まれていないドッグフードを選びます。
低アレルギーやアレルゲンフリーのドッグフードは、あらかじめアレルゲンとなる原材料を除いているので、体の痒みや嘔吐などの心配がなく、安心して食べさせてあげられる食事になります。
ワンちゃんによって、何にアレルギー反応を起こすかが異なるので、「アレルゲンフリー」と書かれているものがすべて安心とは限りません。
具体的にどんな具材を除いているかだけは、飼い主さんが忘れずにチェックしておきましょう。

アレルゲンになりやすい原材料
犬がアレルギーを起こしやすい原材料として、もっとも多いものが「小麦」です。
犬は小麦を消化するために必要な酵素を体内に持っていないので、アレルギー反応が起きやすいのです。
市販のフードには風味を付けるために、さまざまな香辛料や添加物が含まれていますが、それらがすべてアレルゲンになるワンちゃんもいます。
ラム肉や大豆、とうもろこしなど一般的な材料も犬にとってはアレルゲンとなり得ますが、牛肉や鶏肉など一般的な動物の肉がNGという子もいますし、中には複数の食材がNGな場合も。
アレルゲンをたくさん抱えているワンちゃんには、無添加タイプかつアレルギーフリーのドッグフードがもっとも安心です。

低アレルギーのドッグフードは、無添加で原材料の品質にこだわった製品が揃っており、特に海外製品にはアレルゲンフリーは当たり前。
たくさんの良質なフードの中から、愛犬にぴったりのアレルギー対応のドッグフードを探してみてくださいね。

トップに戻る